き り と り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:-

はんぶん

突然だけど、私は一青窈ちゃんが大好き。

もちろん、彼女の歌、声に魅了されるからなんだけど、それ以上に私は、彼女にはシンパシーを感じるのだ。

一つは、彼女の作る詩の、何気ないフレーズから。

そしてもう一つは、彼女の父親が台湾の人だから。
逆だけど、私の母は台湾生まれの台湾育ち。二十歳を過ぎてから日本に来て、父と結婚した。日本国籍も持ってる。
それで、形はちょっと違うけど、なんとなく親近感が沸いてしまう。



芸能界では、ハーフは珍しくない。
むしろ、より美形&美女がプラスされたりして、芸能活動にはもってこいなのかも。
と、思っていた。
この間「いいとも!」にウエンツ瑛士君がゲストで出てて、「100分の1人」で「 友達でも良いから周りにハーフの子が居る人」をお題として出してた。
結果は3人。
彼は「あれ、意外と居るんだ。でも安心しました」と言っていた。
その時、私は素朴な一言に和むと同時に、
「こんなきれいな人も自分がうまれ持った”ハーフ”で悩む(悩んだ)事はあるんだろうなあ」と思った。
それから、今までなんとも思ってなかったのに、ウエンツ君がちょっと好きになった(笑)。

さて、話を私に戻すと、
私は勿論芸能人じゃないし、「ハーフだから」人より綺麗に生まれた訳でもない。


私の場合は、名前も日本名だし、生まれも育ちも日本、顔も普通の日本人と変わり映えしないので、自分から言わなければ分からない。
これが結構曲者だったりする。

母が台湾人だって知ると、結構皆驚く。
それだけ珍しいんだろうな、とは思う。
そして漏れなく「あっちの言葉喋れる?」って、聞かれる(笑)。
喋れませんてば、日本生まれの日本育ちだもの。


ちっちゃい頃は、今よりもっと自分の持ってるあっちこっちがコンプレックスで、それを全部「ハーフだから損してるんだ!」と、全部ハーフのせいにしていた。

更に、ついこの間、
話の流れでバイト先の人に、ハーフだって事を話したら、
次の週に違う人から「ハーフなんだって?」と言われて「もうこんなに話が伝わってるの?!」とすごくびっくりして、
つい口止めをお願いしてしまった。

でも、冷静に考えると、止める必要は無かったと思う。
口止めをお願いした人にも迷惑が掛ってしまったし、
口止めされた方も悪気は無かったわけだし、良い気はしなかったんじゃないかな。

そんなこんなで、この事についてはすごく後悔した。



一方で、私は何が「口止め」したい程嫌だったのかな、と考えてみた。
それは、たぶん「ハーフ」=「はんぶん」という言葉の持つ意味、
でも一番は、ハーフだってことで、常人と区別されたり、今までとは違う目で見られたりするのが嫌だったからだと思う。

でも、別に私は自慢のつもりで「母は台湾の人」と言ったわけじゃない。
だからこそ、堂々としていて良かったんじゃないか。

私がハーフだって事、誰もいつまでも気にしちゃあいないんだから。

でも、この事がきっかけで、もう一度自分の中に埋もれていた「データ」を見直すことができた。


一青窈ちゃんの詩を聞いていると、よく北京語が出てくる。そして、家族の事を書いたフレーズが多い。
彼女の両親は既に幼い頃死別していて、家族はお姉ちゃんと二人だけだったそうだ。
「どんな事思ってここを書いたんだろう?」
私は彼女の歌を聞きながら、よく考える。

それでも、彼女が自分のアイデンティティを大切にしているのは、よく分かる。
それを感じ取って、私も私自身の、両親が与えてくれた「データ」を大切に引き出しにしまっておこう、とやっと思えた。
聞かれたら、時々出して「うん、そうだよ」って笑えば良い。

今年もし台湾に行ったら、
バイト先に大きな箱のお菓子をおみやげに買って行こう。
うんと美味しい奴。
日ごろの感謝も込めて。

一青窈公式HP

2005/5/9 
2005/7/18 一部修正
スポンサーサイト
悩む | 2005-07-18 (月) 09:51:52
コメント:4 | トラックバック:0

| ホーム |

Author


里奈
里奈
「ルパン三世」をこよなく愛す大学生 ♀
もうすぐ二十歳 こっそりハーフ
勉強も趣味も人とも向上心を持ちたいと思う今日この頃



 

Search

Category

Archive

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。